Concept-フィナンテックが考える、強いIRとは?
  1. HOME
  2. Concept- 戦略的IRの考え方(1)

戦略的IRの考え方

企業価値拡大に不可欠な戦略的IR

資本市場において、時価総額は企業の価値を表します。企業価値の拡大、そして自社の企業価値に相応しい時価総額形成に向けて努力することは、企業経営にとって最も重要な経営課題であります。そして、業績に連動した本来あるべき時価総額形成は、『戦略的IR』によってもたらされます。

企業はその企業価値の拡大へ向けて、様々な戦略を練り、様々な経営活動を展開していきます。資金調達、新規事業の展開、事業アライアンス、子会社の設立、海外展開のスタート、M&A、TOB・・・等々。そして、新興市場へIPOした企業は、その成長過程で東証二部への上場、東証一部への上場を目指すでしょう。 そうした企業成長過程におけるあらゆる経営活動の側面で、IR活動により資本市場とのコミュニケーションを行うことが欠かせません。また、上場企業は四半期毎にその業績と、業績予想を発表していくことになります。業績発表を含む様々なIR活動の場を通してトップのビジョン、企業の経営戦略や成長性に対する的確な理解を市場から得ることが、適切な時価総額形成をもたらします。そして積極的なマーケティング活動により高い流動性が維持され、適切な株価における最適な資金調達を可能にするのです。

 

NEXT

サイトポリシーFINANTEC